リハビリの専門職を目指す

治療

運動器系をはじめとするリハビリテーション専門職の一つである理学療法士。医療系の職種の中でも人気のあるものの一つです。理学療法士になるためには3年制以上の養成学校を卒業し、国家試験に合格する必要があります。養成学校の多くは専門学校です。理学療法士の専門学校では様々な学生がいます。高校を卒業したばかりの人はもとより、社会人経験のある人が理学療法士への転職を目指して入学することも珍しくありません。大学でも理学療法士を目指すことはできますが、専門学校では専門的なカリキュラムに特化していることと国家試験対策を行っていることも多く人気を集めています。専門学校を選ぶ際にはどのような履修科目があるのか、国家試験対策はどのように行われており、国家試験の合格率がどのような感じかなどを調べておくといいでしょう。理学療法士の就職先の大半は病院等の医療機関で、その中でもリハビリテーション科や整形外科が多くを占めます。それ以外にも介護施設の機能訓練指導員や福祉施設におけるリハビリテーション専門職として就職することもあります。また、理学療法士として5年以上の実務経験を積むと介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格を得ることができます。介護・福祉分野への興味がある人は、専門学校で介護や福祉に関連する科目が開設されているかどうかも調べておくといいでしょう。今後、超高齢社会を迎えるにあたってリハビリテーションの需要はますます高まると予測され、理学療法士の活躍も期待されます。社会を支え、人の役に立つ職種を目指したい人は理学療法士の専門学校への進学を検討してみてはいかがでしょうか。