リハビリのプロになる

カウンセリング

理学療法士とは機能回復の指導やサポートを行う国家資格者のことです。理学療法士になるには専門学校や大学などで、専門教育を受けて受験資格を得る必要があります。理学療法士の専門学校に入学するなら、資格試験の合格率が高く実技にも力を入れているところがいいです。

リハビリ学ぶ

施術

理学療法士はリハビリテーション医療の専門技術者です。養成校で3年ないし4年学び、国家試験に合格することで資格が得られます。数ある養成校の中でも、就職に直結する授業を行っている専門学校は人気があります。

リハビリの専門職を目指す

治療

理学療法士はリハビリテーション専門職の一つで養成学校の多くは専門学校です。養成のカリキュラムだけでなく試験対策なども行っていることが多いです。医療機関や福祉施設などへの就職が多いです。実務経験を積むと介護支援専門員の受験資格も発生します。今後、超高齢社会を迎え需要が高まると予測される職種です。

リハビリ職につくには

勉強道具

数ある養成校

理学療法士は国家資格であり、年々その数も増加してきている人気の職種である。理学療法士になるには養成校に入学し勉強をしていく必要がある。養成校といっても公立、私立の大学があり、その他にも専門学校もある。その中でも専門学校に的を絞ってみると、3年制の学校と4年制の学校がある。3年制の方が費用を抑えられるが、4年制の学校で学ぶ内容を3年で学ぶ必要があるため、4年制と比べるとかなり勉強が厳しくなってくることが考えられる。理学療法士になるには臨床実習、専門学校の卒業試験、国家試験と大変な課題があり、勉強する量も膨大である。それを3年でクリアできる自信があるのであれば、もしくは金銭的に余裕がない人は3年制でも構わないと考えられる。4年生の専門学校は費用はやや高くなるが、ゆっくりじっくりと勉強をできるのがメリットだ。さて、費用については専門学校では400〜500万円前後であるが、奨学金制度を利用する事ができる。そのため、学費は奨学金制度でクリアできる。地域によっては、その地域に就職する事で奨学金を免除してくれる地域もあるため知っておくと便利である。専門学校に入学するためには、もちろん試験があり、多くの学校で面接や国語、数学、英語といったテストが設けられている。専門学校によって試験の内容、時期が異なるので、事前に調べておき、試験を受ける準備を早くからしておくことが重要である。年々理学療法士養成校も増えてきているのでそれぞれの特色を知り、早くから行きたい学校を決めておくと準備もしやすいだろう。